トップページ >>地域包括ケア

平成28年12月より一般病棟の一部を地域包括ケア病床に変更致しました。

地域包括ケア病床とは?

急性期治療を経過した患者様、在宅で療養を行っている患者様の受け入れ、患者様の在宅復帰支援を行う機能の病床です。

在宅復帰を円滑に進めるために、医師、看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者が協力して、在宅復帰に向けた治療・支援を行います。

どんな場合に利用するのですか?

在宅あるいは介護施設に復帰予定の方がご利用できますが、主に次のような患者様が対象です。

  • 当院でもう少し経過観察が必要な方
  • 病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
  • 在宅での療養支援が必要な方

当院では「地域包括ケア病床」を準備し、早期に安心して退院して頂けるよう努めています。

地域包括ケア病床に入院すると?

在宅復帰を円滑に行うために、「在宅復帰支援計画書」に基づいて、主治医、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者等が協力して、患者様のリハビリや在宅支援の相談や準備を行っていきます。

ご相談・お問合せ

地域包括ケア病床についてのご相談やお問い合わせは「地域連携室」までお尋ねください。